読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盆踊り中心の生活

盆踊りや祭りの体験記。身体で心で感じたことを綴っていきます。あぁ、明日はどこで踊ろうか。

空が明るくなる頃におとずれる不思議な感覚【郡上おどり②】

盆踊り

夜8時。提灯の灯りに照らされた城下町に、軽やかなお囃子と味わい深い唄声が響き渡る。人々が集まり、どこからともなく踊り出す。町中に下駄の音が鳴り響く。

ワタシは居ても立ってもいられず、早速人々の流れの中に飛び込んだ。

周りを見渡すと、様々な人たちがみな一様に踊っている。お年寄りや若者や子供たちや外国人。年齢や性別や国境は関係なく、そこにはただ踊りたい人だけが集まっていた。

 

f:id:iro_sai:20160324200539j:plain

 
ワタシが盆踊りにハマってしまった理由のひとつがここにある。
日常生活では交わることのない人たちが、盆踊りをきっかけに同じ場所で同じ音に合わせて同じ踊りを踊っている。その非日常感がとても好きなのだ。そのような交わりが減ってきてしまっている今、盆踊りという場が、より浮世離れしたものに感じるのではないか。そしてその魅力に取り憑かれる人もますます増えていくのではないかと思う。
 

f:id:iro_sai:20160324202104j:plain

 
踊る人はどんどん増え、郡上の町は人々の熱気で溢れかえっていた。
夜が深まるにつれ、心地いい疲労感が襲ってくる。普段は使わない場所に乳酸が溜まってくる感覚を感じる。盆踊ラーズハイになった証拠だ。もうこうなったら、後戻りはできない。ここからが、徹夜おどり醍醐味なのだ。(もはやアスリート)
疲労を越えたところに、その感覚はやってくる。周りを見るとみなやはり浮世離れした者の顔をしている。楽しいのか、苦しいのか、踊りたいのか、踊りたくないのか、そのどれともつかない感情が湧いてくる。でも心地いいという事だけは確かなのだ。
 
日付けをまたぐ頃からは、1時間踊って30分休むを繰り返す。エネルギー補給(お酒)も欠かせない。すでにワタシの身体は悲鳴をあげている。
東の空が明るくなってくると、思考は停止し、感覚だけが鋭くなっていく。なぜ踊っているのか自分でも分からないまま、手が足が勝手に動き、その流れの中からなかなか抜け出せない。400年以上続いているこの歴史の流れの中に今、自分も確実にいるという喜びを感じていた。
完全に空が明るくなった頃、『まつさか』が流れた。最後の踊りだ。
まだ終わらないでという気持ちと、やっと終わるという気持ちが交差する中、最後の力を振り絞って踊る。身体はもう限界にきているが、みな清々しい表情で踊っている。
 
まつさかを踊り終わると、一斉に拍手が巻き起こる。
おつかれ様。本当におつかれ様!!ワタシ!!!みんなと自分を褒め讃えた。
一瞬、夢の中にいたような感覚に襲われたが、全身の疲労感が夢ではなかったことを教えてくれた。この不思議な感覚を求めて、来年もまたここに来てしまうのだろう。
やっぱり、郡上おどりはDS!!!(どうかしてる!!!)
 
帰り道、まだ下駄の音が頭の中に鳴り響いていた。
 
f:id:iro_sai:20160324211129j:plain
【郡上おどり】
7月中旬〜9月中旬(8月13〜16日 徹夜おどり)
 

水の生まれる城下町で朝まで踊る!【郡上おどり①】

盆踊り

岐阜県を流れる長良川と吉田川が交わる場所、郡上市八幡町(通称 郡上八幡)で何ともエキサイティングな踊りがある。『郡上おどり』だ。

日本三大盆踊りに数えられ、なんと7月中旬から9月上旬までの32夜開催される。そのうち8月13日から16日の期間は徹夜踊りと言って、夜の8時から翌朝の5時頃まで約9時間踊り続ける。これがすごいのだ。みうらじゅんの言葉を借りれば、DS(どうかしてる)なのだ。

と言っても、江戸時代は各地で当たり前のように朝まで踊り明かしていたらしい。なんという有り余るエネルギー!その江戸時代の空気を感じることの出来る郡上おどりは、約400年ものあいだ踊り継がれ、現在は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

f:id:iro_sai:20160214161205j:plain

 

一度訪れたら虜に・・・郡上八幡の風景

郡上おどりの舞台、郡上八幡は古い町並みが残っており、そのあいだには美しい水路が走る。夏の暑い日差しに照らされて川の水面はキラキラと光り、足先を浸けると体の芯まで凍るようにキンと冷たい。

通りでは屋台の準備が進められ、これから起こる出来事を予感させ、ワクワクする。

吉田川に架かる橋の上を見ると、身を乗り出し湧き上がる恐怖と戦いながら、川を見下ろす人が。河原には、不安そうな表情とは裏腹に期待に胸を膨らませ、橋を見上げる人々。次の瞬間、その人は川の大きなうねりにすーっと飲み込まれていった。少しの沈黙のあと、その人がうねりの中から這い出てくると、大きな拍手が巻き起こった。いわゆる “度胸試し” である。おそらくビルの5階くらいの高さはあるであろう所から飛び降りるなんて・・・ワタシは絶対にしたくない。これこそDS!!(どうかしてる!!)

しかし、そんな光景を含めワタシはいつの間にか、どこか懐かしく風情や情緒という言葉がよく似合うこの場所の虜になってしまっていた。

f:id:iro_sai:20160214161325j:plain

 

バリエーション豊か! 郡上おどりの種類

郡上おどりは10曲もの踊りがある。

『かわさき』『春駒』『三百』『ヤッチク』『古調かわさき』『げんげんばらばら』『猫の子』『さわぎ』『甚句』『まつさか』

これらの曲がランダムに演奏され、人々はそれに合わせて巧みに手や足の動きを変えていく。

かわさきは、郡上おどりを代表する踊りで、歌詞の「郡上の八幡出てゆくときは 雨も降らぬに袖絞る」は郡上おどりを巧みに言い表している。

春駒は、全国的にも広がる有名な踊りで、「七両三分の春駒春駒」という掛け声と共に、飛んだり跳ねたりするテンションの上がる踊りだ。

げんげんばらばらは、「げんげんばらばら 何事じゃ」という一節から始まる。この踊りだけなぜか反時計周りに進んで行く。あともう少しで一周だ!というときにこの曲が流れると、「3マス戻る」のように少し切ない気持ちにもなる。

猫の子は、その名の通り、仔猫になりきって踊る。よく耳をすましているとどこかから、「ニャオ〜〜ン」という猫の遠吠えが聞こえてくる。ぜひ恥じらいを捨て、なりきって踊って欲しい。

まつさかは、昔からの伝統でその晩の最後に一度だけ踊られる、ゆったりとした情緒のある踊り。「シメのお茶漬け」的な存在。(いや、もっと深く意味のあるもの)

 

こんなにたくさん覚えられないという方でも大丈夫。ゆるやかで単純な動きの踊りも多いので、輪の中に入って周りの人を見ながら(教えてもらいながら)まずは踊れそうなものから踊ろう。

完璧に覚えてから挑みたいという気合いの入っている方。実は「郡上おどりレッスンDVD」なるものが出ていて、画面の中の粋なおばちゃんたちが踊り方を丁寧に解説してくれる。ワタシは郡上に来る前に、盆踊り好きの友人と一緒にそのDVDを見て猛特訓した。

 

シュミレーションはばっちり。日も暮れてきた。

さぁ、浴衣に着替え下駄を履いたら、いよいよ徹夜踊りのはじまりだ! 

 

f:id:iro_sai:20160214161845j:plain

 

つづく

頭の中は盆踊り。

盆踊り

盆踊りの魅力に取り憑かれてしまったワタシ。

もっと盆踊りのことが知りたい!もっと盆踊りを踊りたい!と、窓の外は雪がしんしんと降る真冬にもかかわらず、頭の中は盆踊りでいっぱいです。

目を閉じれば、提灯の灯りと下駄の音、屋台の匂い。あぁ、踊りたい。

 

人はなぜ踊るんだ?そもそも盆踊りってなんだ?昔の盆踊りと現代の盆踊りの違いは?などなど、、今はいろんな文献がありますが、ワタシの五感でそれを体験して、(勝手に)研究していきたいと思います。

そしてワタシがなぜこんなに盆踊りにハマってしまったのか、自分でも解明出来ていない部分を解き明かしていこうと思います。どうぞお付き合い下さいませ。

 

盆踊りとの出会い 〜地元編〜

ワタシの中で盆踊りといえば、生まれ育った新潟県南魚沼市六日町に伝わる『お六甚句』。お六とは、戦国武将の直江兼続の子供時代の名前(与六)からきている。(お六甚句については改めて記事にする予定)夏祭りでは『お六流し』といって、商店街を何列にもなって踊り歩く。学校の運動会でも踊っていたし、みんな踊れて当然という感じ。子供の頃は特別盆踊りが好きというわけではなかったし、(お祭りは大好きだったけど)思春期なんて踊るのも恥ずかしかった。それなのに今やことあるごとに「盆踊り行こうよ!!」だなんて、何がどうしたことやら。

今から4年前の夏。東京に住んでいたワタシが実家に帰省すると丁度お祭りがあるという。(大毘沙門大祭 現在は中止)家族で行ってみると、そこにはやぐらが立っていて、その周りには人の輪が出来ていた。『お六甚句』が流れると懐かしさのあまり無性に踊りたくなり、(お酒の勢いもあり)輪の中に飛び込んでみた。「あれ?結構踊れる!」もう何年も踊ってなかったが、子供の頃に覚えた感覚はそう簡単に忘れるものではないらしく、(お酒の勢いもあり)もうノリノリに。といっても、踊り自体はゆっくりなのだけど、心の中がまさに “踊って” いた。

 

盆踊りとの出会い 〜東京編〜

それからしばらくして、盆踊り好きの友人から「佃島の盆踊りに行かない?」と誘われ、「行く!!!」と一つ返事。東京都中央区の佃という所に佃島念仏踊り』というものがあるらしい。(これについても追々記事にしていく)どんな所なんだろうと期待して行くと、その一角だけまるで昭和・・・いや、江戸にタイムスリップをしたような空間が現れた。やぐらの上には太鼓にバチを一本持ったジイサンがかすれた声で音頭をとっている。ワタシが今まで聞いた事のない不思議な音頭。その周りでは非常にゆったりとした踊りが繰り返し踊られている。とにかく今までの盆踊りのイメージとは全く違う。意を決して輪の中に入り、前の人の踊りを見よう見まねで踊ってみる。何回か繰り返していると、体が慣れ、体が勝手に動いている。なんだろうこの感じ・・・気持ちいい!!やぐらの上のジイサンはさらに声をかすらせて、踊っている人たちから囃し立てられながらも最後まで唄いきると、拍手が巻き起こった。

なんてブルースでジャズでロックでポップなんだ!!!(音楽の事はよく分からないけど)またしても心が “踊って” いた。

f:id:iro_sai:20160204144749j:plain

 

そんなこんなで盆踊りにすっかりハマってしまったワタシは、その後も色々な盆踊りに出向いては踊っています。盆踊りは実際に踊ってその場の空気を感じるのが一番だと思いますが、予備知識があった方がより深く楽しめると思い、このブログにまとめていく所存です。