盆踊り中心の生活

盆踊りや祭りの体験記。身体で心で感じたことを綴っていきます。あぁ、明日はどこで踊ろうか。

《うたたねで踊るvol.2》岡本太郎が見ていた祭りの景色

f:id:iro_sai:20170625214749j:image

 

 “祭りは人生の歓び、生きがいだ。ふだん人は社会システムにまき込まれ、縛られて、真の自己存在を失っている。だが祭りのときにこそ宇宙的にひらき、すべてと溶けあって、歌い、踊り、無条件に飲み、食らい、全人間的なふくらみ、つまり本来の己をとりもどすのだ。”

 

“確かに、日常の生活は秩序なしには成り立たない。ルールに従い、苦労して糧を得る。だがそういう、社会生活を維持していくための規制、ノーマルな掟とは別のスジが、人間をつき動かす。ある時期に、突然秩序をひっくりかえす。いわば社会の対極的力学の不可欠の要素として、無条件の生命の解放、爆発が仕組まれている。そのとき人間は、日常の己を超えて燃えあがり、根源的な炎、宇宙と感動的に合体するのだ。それが「祭」だ。”

 

“かつての祭りにおいて、人々は超自然の神秘と交通し、ふだんの自分でない、自分を超えた存在になった。みんなが一体になって祭りを創り上げたのだ。
現代生活にはかつてのような神聖感はない。だが「人間」であることの深さと豊かさ、怖しさをも含めて、新たな決意で人生に対面し、存在の凄みに戦慄することは出来るだろう。それは新たな、生きるよろこびを回復することだ。そのような衝撃的なチャンスとして、すべての人が身をもって参加する祭りを創造したい。これが本当の人生であり、芸術であるからだ。”

 

 

 

岡本太郎が日本各地の様々な祭を巡って、写真と共に残した言葉たちだ。

冒頭の言葉に、一瞬で心を奪われた。

「そうだよ、そうなんだよ!」と思わず膝を打たくなるような言葉で溢れかえっていて、嬉しくなった。

祭りによって岡本太郎の心が揺さぶられている様子が、読んでいるワタシにもひしひしと伝わり、ワタシの感情までもが揺さぶられた。そして、その感動を実際に体験していることに羨ましさを感じた。


岡本太郎自身が撮った写真はどれも生々しくて、人々の息づかいや匂い、生活が伝わってくる。

昭和三十年代を中心とした写真や言葉なのだが、中には今も変わらぬ風景や人々の情熱がちゃんと残っているものもある。

何十年、何百年と受け継がれてきた祭りの姿に (微妙な変化、進化はあったとしても) 心を奪われる。


時代の変化によって無くなってしまった祭も、おそらく数え切れないほどあると思うが、その情熱だけはどこかで生き続けていて欲しいと願う。

 

 

祭の非日常の世界から、日常に戻ってくるのはなかなか大変だ。しかし、普段の生活があってこその祭。人間には「ハレ」と「ケ」が必要なのだ。そのどちらも欠いてはいけない。

 

 

エネルギーが爆発する瞬間は生きていることをまざまざと実感させられる。言葉では言い表せないほどの充実感と幸福感に包まれる。しかしその代償に、疲労感や寂寥感も襲ってくる。


普段からこんなに感情がアップダウンしていたら、身も心ももたないので、穏やかに日常生活を送り、フラットな状態に戻す必要がある。生きるとは常にその繰り返しなのだろう。

 

 

なんだかとても人間らしくて、安心する。 

そうやって上手く折り合いをつけてやってきたのだろう。

人間には「そういうもの」が必要なのだと思う。

 

 岡本太郎は祭りを通して、人間の本来の姿を、人間のおもしろさを見ていたのだろう。

 

 


さ、気持ちを切り替えて、日常生活に戻る準備をしなくては。

 

 

“今日もないし、明日もない。今だ。自分は自分であると同時に、みんなである。みんなであると同時に自分なのだ。
まさしく、今日があるがための命であったし、火が燃え、笛が鳴り、太鼓がとどろき、中空に月が冴える。
ここに人間と霊のなまなましい交流、対決が出現している。”

 

( 「岡本太郎と日本の祭り」より引用 )

《うたたねで踊るvo.1》盆踊りの記憶

今日は実家がある新潟に帰る予定だった。

しかし、風邪をひき、一日中布団の中でゴロゴロする羽目になってしまった。

 

こんなに身体が重く、頭がボーっとしているのにも関わらず、ワタシはまた盆踊りのことを考えていた。

 

 

幼い頃の記憶を遡った。

毎年お盆の頃になると、家族みんなで隣町にあるおじいちゃん、おばあちゃん、いとこ達が住む家に遊びに行く。

築180年ほどになるその家は、改築を繰り返して、もはや迷路か忍者屋敷のようになっている。幼いワタシ達にとっては格好の遊び場だった。

ワタシはその家が大好きだ。ワタシが住んでいた町ナカにある家よりも、自然が豊かで、田畑に囲まれ、水が流れ、様々な木や植物が生え、虫もたくさんいた。

新潟というと豪雪のイメージが優先されるが、ワタシ達が住む場所は盆地ということもあり、夏はうだるように蒸し暑い。その家にはもちろんクーラーなどはなく、扇風機と、家を通り抜ける風で暑さをしのいだ。畳に身体をベタッと張りつけると少しひんやりして気持ちがよく、畳の匂いも心地よかった。

 

幼いワタシと兄、いとこはアイスを咥えながら夢中でゲームをしたりビデオを観て過ごす。 飽きると、外に出て川で遊び、カブトムシかなんかを探す。夜になると花火をして遊んだ。

 

 

鮮明に覚えているのは、肝だめし大会だ。

家の敷地の横にお墓が並んでいて、その隣に2畳分くらいの小さな建物がある。障子を開けると、中にはお地蔵様がいて、そのお地蔵様にお菓子をお供えして、代わりにお札を取ってくるというものだ。昼間だったらなんら怖くないのだが、夜になると一変、あたりは暗闇に包まれ、時折生暖かい風が吹いてくる。そこを小さな懐中電灯を持って、1人づつ行かなくてはいけないのだ。

「行きたくない!」と泣きべそをかきながら必死に抵抗するが、いつも何故だかやる羽目になる。

タチが悪いのは、おばさんが自主作成した、怖いBGMとお化けの声を吹き込んだテープを流すのだ。(ヒュードロドロ〜うらめしや〜みたいな感じの)

無駄にクオリティが高く、いち家庭でやるには手が込みすぎているだろと子供ながらに思った。

 

無事に行って戻ってきたご褒美が何だったのは全く思い出せないのだが、とにかく怖かったという記憶だけは鮮明に残っている。

今でもお化け屋敷が苦手なのはこの時のトラウマなんじゃないだろうか。

 

 

 

そして、近くの神社でやっていた盆踊り大会にも出かけた。そこでは仮装大会があり、大人から子供まで様々な仮装をして踊る。その日は朝から、おばさんと一緒に、ダンボールや色紙などで自分のなりたいものを作る。

それなりに楽しかったはずなのだが、仮装するのがとても恥ずかしかったのを覚えている。幼い頃のワタシは今よりもさらに内弁慶で、キャラクターになりきってポーズを決めている兄やいとこの横でひとり恥ずかしさと戦っていた。

盆踊りを踊っていたかどうかの記憶は曖昧なのだが、提灯の灯りと櫓の上で太鼓が鳴っていたのは覚えている。恥ずかしさと戦いながらも、やっぱりお祭りの雰囲気は大好きだった。

 

といっても、夢レベルの記憶しか残っていないし、もしくは本当は夢だったのかもしれない。でも思い出すと温かい気持ちになるのは確かなのだ。

 

いつからか仮装大会に参加しなくなり、今はおそらく、その盆踊り大会もなくなってしまった。

 

お盆が過ぎてもまだ夏休みは続いたが、おじいちゃんやおばあちゃん、いとこ達と離れ、また日常生活に戻ると思うとさみしくなった。幼い頃のワタシにとっては、たかが隣町でも立派な旅行だった。

 

 

 

ワタシの中の「盆踊り」は、これらの幼い頃の「暑い・怖い・恥ずかしい・楽しい・さみしい」という感情が絡み合って形成されている。

 

 

盆踊りに対して、人はどんなことを想うのだろう。なんとなく "懐かしい" という気持ちになるのは、盆踊りが多くの人の記憶の道を通ってきたからではないだろうか。もしかしたらそれは、現世を超えて辿り着いた記憶かもしれない。

盆踊りは宗教的なものであったり、コミュニティの場であったり、伝統文化であったり、様々な解釈を持つが、同時に、人それぞれの記憶の中の感情を揺さぶるものである。それぞれがそれぞれの記憶と共に踊っている。だからみんなで踊っていても、"個人" なのだ。ワタシは踊っていて、そんな気がするのだ。

 

 

大人になった今、内弁慶も少しはマシになり、気付けば、盆踊りの輪に飛び込んで踊ることも厭わなくなった。なんなら、喜んで仮装したい。

 

 

そして、幼い頃の自分に伝えたい。

「踊れ!恥ずかしくても間違えてもいいから。

そして、、コスプレは楽しいぞ!」

 

 

 

ワタシはあの頃の記憶に少しでも近づきたくて、これからも踊ってしまうだろう。

 


、、その前に風邪を治すことが先決だ。

 

f:id:iro_sai:20170415182618j:image

 

 

※《うたたねで踊る》は、うたたねをしている時のように、夢と現実をさまよいながらゆるりと綴っているので、ゆるりと読んで下さいませ。

月灯りの下で遠い昔の誰かと踊る【綾渡の夜念仏と盆踊り②】

夜念仏を唱えた後は、境内の広場で盆踊りが行われる。

 

お揃いの浴衣を着た保存会の方々や、着物を着た年配の女性、何人かの若い方々が、広場の端っこに1列になっている。広場の真ん中には夜念仏にも使われた、極楽と地獄の絵が描いてある折子灯籠が静かに佇んでいる。

 

「まずは越後甚句。」

マイクを持ったおじさんが言うと、そのまま唄い始めた。

列は踊りながら前へ進んで行く。踊り手は地元の方々ばかりだったので、少し躊躇したが、若い女性の方に手招きされ、ワタシも列の一番後ろに加えていただき、見よう見まねで踊り始めた。

 

綾渡の盆踊りは、お囃子などは一切なく、音頭取りの唄声だけで踊る、とても素朴な盆踊りだ。年配の男性の、ゆったりと強弱をつけた味わい深い唄声が綾渡の山々に響き渡る。

 

 

列は踊りながら折子灯籠を中心に、徐々に輪になっていく。踊りもシンプルで、下駄で地面を擦るように足を運ばせていく。

 

 

綾渡の盆踊りで踊られるのは10曲。

『越後甚句』『御嶽扇子踊り』『高い山』『娘づくし』『東京踊り』『ヨサコイ節』『十六踊り』『御嶽手踊り』『笠づくし』『甚句踊り』

 

扇子を使う踊りと、手踊りがある。

 

 

 盆踊りで使われる扇子には、

 

「足助綾渡おどり  セー綾渡踊りは  板の間で踊れ  板の小拍子でノオサ  三味やいらぬ  トコドッコイ  ドッコイショ」

 

と書かれている。これは、一番最後に踊られる『甚句踊り』の歌詞だ。

 

f:id:iro_sai:20170213011141j:image

 

昔はお寺の板の間で踊っていたそうで、三味線など楽器がなくても、踊る人々の足の音や板の間の軋む音がその代りになっていたのだ。

現在は外で踊っているのでこの音を聞くことは出来ないが、下駄が砂を蹴る音も、素晴らしい音色を奏でていた。

 

 

 

次に扇子を使う踊りが始まり、一気に難易度が上がった。新野の盆踊りでも思ったのだが、扇子をうまく扱うのは本当にむずかしい。

 

初めて踊る踊りに四苦八苦していると、見かねた保存会の方が親切に教えてくださった。

優雅に踊るおじ様、おば様方。やはり長年踊っていて身体に染み付いているのか、背中こそ曲がっているものの、味わいのある、しなやかなその動きに、''なかなかこの感じは出せないな''  と、到底超えられない、人間としての深み、のようなものに圧倒されてしまった。

  

 

綾渡の盆踊りは、夜念仏の余韻を残した厳かな空気の中に、明るい調子の曲と、どことなくコミカルな踊りが混ざり合って、独特な雰囲気を作り上げていた。決して賑やかで派手な盆踊りではないが、とてもおもしろいと思った。

じわじわと楽しさが込み上げてくる、といった感じだ。

 

 

音頭取りが唄う曲の歌詞をよーく聞いていると、

「歌が出なけりゃ馬のケツなめよ」とか、

「お釈迦様でもバクチに負けて」など、

プッと笑ってしまいそうな歌詞が聞こえてくる。

 

それに応えるように、踊り手たちは、

「チョコチョイ」「トコドッコイドッコイショ」「トコサードッコイサ」

などの合いの手を入れ、盛り上げる。


音頭取りが歌詞を忘れてしまった時は、みんな笑顔でからかいながら、終始和やかな雰囲気が漂っていた。

 

 色恋ものの曲が多いようで、保存会の方は、「ここの唄は下ネタが多いんだよ〜ははは〜っ 笑」と嬉しそうに話していた。

特に『娘づくし』の歌詞は下ネタだらけだそうで、、

 

 

♪ 嫁にとりたや茶わん屋の娘  傷があるかと問うたなら  まんだ割れてはおりません

 

♪無償に入れたがる桶屋の娘  堅いを自慢にしめたがる  底をたたいてみな入れる

 

 

おおお!素晴らしい!!

洒落を効かせた表現が実に素晴らしい!

昔の人は言葉遊びの天才だな、と感動して、思わず ''エロは文化だ!'' と叫びそうになった。(抑えました)

 

 

曲が変わるたびに、次から次へと踊りも変化していき、ワタシはついていくので必死だったが、そんな中でも、ここに来れた喜びをじわじわと感じていた。

 

 

月灯りの下、音頭取りの唄声だけで、輪になり踊る。

 

いくらテクノロジーが進化しようとも、この瞬間だけは今も昔も変わらない風景なのだろう。

 

ワタシが盆踊りや祭りに取り憑かれてしまった理由もここにある。もしかしたら、遠い昔の誰かと今のワタシを重ね合わせて、

 

「ほら、人間って何も変わってないじゃん。」

 

と、言いたいのかもしれない。綾渡の盆踊りので素朴さが、それをまた思い出させてくれた。

 

 

 

最後の曲は『甚句踊り』だ。

これは稲の収穫の様子を表している踊りだそうで、投げて!引いて!巻いて!という風に教えて頂いた。手をクルクルと回す踊りはとても楽しくて、最後の踊りを、チカラ一杯踊った。

 

 

午後9時すぎ、音頭取りが唄うのを止めるのと同時に、綾渡の山里に静寂が戻った。

おつかれ様、と互いを労わり、散らばっていく人々。

 盆踊りの輪は、幻だったかのように、あっという間に消えてなくなった。

 

 

盆踊りがなければ、盆踊りにハマらなければ、絶対に一生来ることはなかったであろうこの場所に、いま立っていて、しかもそこで踊っていたということの不思議さと、幸福感がいっきに襲ってくる。

この土地の空気を感じ、匂いを感じ、音を感じたことは、ワタシの人生を確実に豊かにしていると思った。

 

 

そして、何よりも地元の方々がとても親切で温かくて、胸がいっぱいになった。
東京から踊りに来たと言うと、やはりびっくりした様子だった。よく来たね、と終了後の打ち上げにまで招いてくれ、もてなして頂いた。

保存会のおじさんは、なにで知ったの?と目を丸くし驚いており、インターネットに綾渡のことが載っていることすら知らない様子だった。

 

 

年々過疎化、高齢化が進み、伝統の継承が難しくなってきている。

実際、綾渡の夜念仏は昔、35歳までの若連中で行われていたが、青年の数が減少し継続が難しくなったため、昭和35年に保存会が結成された。

 

地元にこんなに素晴らしい伝統があるなんて、羨ましい!と純粋に思う反面、見えない膜のようなものに覆われている少しの息苦しさを感じた。

綾渡に生まれ育った人は、否が応でもこの地の「伝統」というものが付きまとってくる。継承していかなければ、という義務に近い空気も少なからずあるかもしれない。

しかし、地元を離れる若者も増え、それぞれの生活、仕事があり、お盆になったらここに帰ってくる者もいれば、そうでない者もいるだろう。

人々が自由に生き方を選択できる時代に伝統を継承していくことは、難しくなっているのかもしれない。

 

保存会の方々は、ぜひ綾渡の盆踊りを広めて欲しい、とおっしゃっていた。保存会も年配の方が多く、やはりみな危機感を抱えている。

 

一番こわいのは、忘れられてしまうことだ。

 

 

しかし、逆に考えれば、いままで知ることのなかった「伝統」は少しのきっかけで広く知れ渡る時代でもある。そして、実際に足を運ぶことも可能なのである。

 

これからの時代、地元の人だけで伝統を守っていくのではなく、外の者の力も借り、全体のものとして、時には形を変えて守っていくというのが必要になってくるかもしれない。

外の者だからこそ分かる感覚もあるだろうし、外の者が来ることによって気付くこともあるだろう。

ワタシ自身、綾渡という場所、人、伝統に感動を覚え、安易だが、''無くなって欲しくない'' と心から思った。

伝統を継承していくことが如何に大変なことか、自分の無力さを感じながらも、ここで体験したことは、確実にワタシの中に刻まれている。

 

 

 

盆踊りはワタシを色々なところへ運んでくれる。

 

知らない日本をもっと知りたい!

 

f:id:iro_sai:20170216225444j:plain

 

 

【綾渡の夜念仏と盆踊り】

愛知県豊田市綾渡町  平勝寺境内

毎年8月10日、15日  午後7時頃〜

 

静寂の山里に響き渡る祈りの声【綾渡の夜念仏と盆踊り①】

まだまだ寒い日が続く2月。

しかし、ワタシは四六時中、

''今年の夏はどこの盆踊りに行こうかなあ''

と頭の中は盆踊りでいっぱいだ。

盆踊りに恋い焦がれている。

 

去年行った盆踊りのことをまだ全然書ききれていないので、思い出しながら少しずつ書き綴っていこうと思う。

 

 

 去年のお盆に『徹夜盆踊りの旅 2016』と題して、岐阜、愛知、長野を巡った。

 

その中で出会ったのが、愛知県豊田市綾渡町 (旧足助町)で行われている「綾渡の夜念仏と盆踊り」だ。これは、国指定の重要無形民俗文化財にもなっている。

 

紅葉の時期に人気のスポット、香嵐渓から約5キロほど山里の中を進んでいくと、綾渡(あやど)という集落にたどり着く。

 

元々この地域の夜念仏は、新仏のある家を回りながらその霊を鎮めるために念仏を唱え、踊っていたそうだ。かつては綾渡の周辺でもたくさん行われていたそうだが、今残っているのはここだけとなってしまった。

そして今は形を変え、夏の時期に2回、綾渡にある平勝寺というお寺で行われるようになった。ここは聖徳太子が開いたとされる古いお寺である。

 

 f:id:iro_sai:20170206230918j:plain

 

 

8月15日、お盆真っ盛り。

山に囲まれた小さな集落の中に平勝寺は静かに佇んでいた。境内にはすでに、お揃いの浴衣を着た保存会らしき方々や、ご近所の方々が集まり始めていた。

 

境内の真ん中には、2つの折子灯籠が立てられている。正面には南無阿弥陀と書かれている。

その他にも、何やら絵が描かれているので、近づいて見てみると、一方は極楽の絵が、もう一方は地獄の絵が描かれていた。

 

f:id:iro_sai:20170206230934j:plain

f:id:iro_sai:20170206230929j:plain

 

これはどういう事を意味するのだろう。

極楽と地獄は常に対になっているということだろうか。だとしたらどちらに転がるかは紙一重なのではないか。

などと考えにふけりつつ、これからはじまる出来事に胸を躍らせた。

 

 

参道脇には多くのカメラマンたちが三脚を立ててその時を待ち構えていた。

日も暮れてきた午後7時頃、ついに夜念仏が始まった。平勝寺へと続く一本道にはロウソクが並べられ、先ほどの極楽と地獄の絵が描かれた折子灯籠を先頭に、笠をかぶった人々の隊列が境内に向かって進んでくる。

山里に、静かに念仏を唱える声と鉦の音が響き渡る。 

ワタシもその様子を固唾を飲んで見守る。

何だか、とんでもないところに紛れ込んでしまった。という感じがした。

 f:id:iro_sai:20170206230935j:plain

 

 

その後、隊列は参道脇の広場に輪になり、また念仏を唱え始めた。

気が付けば日も完全に落ちて、あたりは真っ暗闇になっていたが、月の光に照らされてさらに厳かな雰囲気に包まれていた。

灯籠のぼんやりとした灯りだけが宙に浮いている。

時折、カメラのフラッシュがパシャッと光り、その時にだけ人の影がくっきりと映し出されるのがまた不思議な光景だった。

 

 

隊列はゆっくりと進み、やがてお寺の中に入っていき、さらに念仏が唱えられる。低くなったり高くなったり、絶妙なハーモニーに吸い込まれそうになる。

 

 

のちに調べてみると、 参道で唱えていたのは『道音頭』石仏の前は『辻回向』、山門前は『門開き』、観音堂前は『観音様回向』氏神神明宮前は『神回向』、平勝寺本堂前では『仏回向』というらしい。

 

 

この地に来たのも、この風景を見たのも初めてなのに、なぜかとてもノスタルジックな気持ちになり、胸がキュッと締め付けらるような感覚になった。

 

 

約1時間に渡って念仏が唱えられ、ついに夜念仏が終わった。ワタシはフッと、緊張から解き放たれた。

 

ここからは、いよいよ盆踊りの時間だ。

 

 

つづく

軽快なお囃子で踊り狂う!【桐生八木節まつり in 浅草】

群馬県桐生市に面白いお祭りがある」

と、噂には聞いていた。

 

桐生八木節まつりである。

YouTubeなどで動画を見てもらえればその迫力がお分かり頂けると思う。まつりのフィナーレの動画は、踊っているというより、人々が波打っている。

 3日間で約50万人の人々が訪れるというこの桐生八木節まつりが、なんと浅草に来るというのだ!しかもこの寒い1月に!そして県外でこの祭りをやるのは初めてだそう。

 

 

これは行かねば!!

 

少し風邪気味だったが、そんなことはもうどうでもよくなっていた。

 

せっかくの浅草なので、着物で行くことにした。とにかく暖かくしていこう。中にヒートテックなどを着込み、冬用の羽織を着てさらにマフラーを巻いた。なにせ、14時〜20時まで外で踊るのだ。

 

 

f:id:iro_sai:20170205020216j:image

 

少し遅れて会場に着くと、櫓のまわりにはすでに踊っている人々。その周りにたくさんの観客たちが取り囲んでいた。

なんだか久しぶりに見たような気がする赤い提灯たちを見て無償に嬉しくなった。

お囃子は、特に目立っていたのが、リズミカルな鉦の音だ。踊るように鳴らしている。それと、ポカポカと可愛らしい音を奏でる小鼓が合わさって、なんとも軽快で心地のいいリズムを生み出していた。

冬にこんな素晴らしいお囃子が聞けるなんて!

ワタシの中の祭りボルテージがじわじわと上がっているのを感じた。

 

 

嗚呼、早くあの輪の中に入りたいっ!!

景気付けのビールを胃に流し込み、いざ出陣!

 

音頭取りが唄っている時は基本の手踊りを踊る。手を叩いたり、上げたり下げたり、これだけでも結構忙しいのだが、お囃子のパートになると一気に太鼓や鉦が打ち鳴らされ、踊りも激しく変化するのだ。原型はどこにいってしまったんだというくらい一心不乱に手や足を動かし、全身を振り乱して踊る。これが正解というものはなく、それぞれがオリジナルのスタイルで踊る。(ダンス八木節大会もあるそう)

やはりその激しい踊りからか、若者が多い。お揃いのTシャツをきたイキのいい集団がいたり、桐生出身らしき若者たちが慣れた手つき足つきで踊っている。

 

お囃子パートの時の踊り子の合いの手がまた面白い。民謡、会津磐梯山の囃言葉と同じなのだが、なぜこれが桐生八木節でも使われているのかはナゾである。(今度調べてみよう)

 

 ♪ 小原庄助さん なぜ身上(しんしょう)潰した

朝寝 朝酒 女(朝湯)が大好きで それ身上潰した

あーもっともだー もっともだー

いいや違う いや違う あソレ

いいやそうだ いやそうだ

やんちきどっこいしょー

祭りだ祭りだ 桐生の祭りだ ♪

 

 

今回の桐生八木節まつりin浅草では、14時〜20時までの間、30分踊っては30分休憩を繰り返す。これが思っていたよりもハードだった。

全身を振り乱す踊りは、体力の消耗が激しく、ひたすら同じ踊りを踊るというのも、途中から苦行に思えてきた。(いや、めちゃくちゃ楽しいのだけれど)

 

そして、寒いかと思い着物の下にたっぷり着込んできてしまったのがまたいけなかった。

 

暑いっ、、、!

冬に汗だくで踊ることになるとは。

 

 

そしてここからお囃子と踊り子のせめぎ合いが始まる。疲れたら別に、いつでも輪から出られるのだが、ただの意地なのか、もっと別の強い何かに引き寄せられているのか、ヘロヘロになりながらもその輪から出られず、いつ鳴り止むのか分からないお囃子に囃されながら、ひたすら踊り続けた。

 

踊りを見ている観客たちも多く、浅草に観光に来ている外国の方も楽しそうに、しかし不思議そうに見ている。

''なぜ日本人はこんなにひたすらに踊っているのだろう''

そんな声が聞こえたような気がした。

そしてワタシはそんな外国の方々を巻き込み踊る。

''踊れば分かるよ''

 

 

f:id:iro_sai:20170205020856j:image

 

いつの間にか空は暗くなり、どんな電飾よりも提灯のあたたかい光が目に飛び込んでくる。

きっと宇宙から見ても、祭りの提灯の灯りは一番輝いているんじゃないかなあ、なんてことを考えたりしていた。

夜に近づくにつれ人々の熱気も高まっていき、お囃子は踊り子を囃し立て、若者たちはさらに盛り上がり、踊り狂っていた。

 

 f:id:iro_sai:20170205020841j:image

 

20時になり、ついにお囃子が鳴り止む。

ようやく終わったー!と思ったら、アンコールが巻き起こった。

これは本場でもお決まりのようで、またすぐにお囃子が鳴り出した。もはや踊っているのが歯がゆいのか、拳を突き上げ、ぴょんぴょんと飛び跳ねながら体をぶつけ合う若者たち。お囃子もそれに応えるように激しく打ち鳴らす。

なんだか、櫓がロックフェスのステージのように見えてきた。

踊る人々と跳ねる人々。カオスな状態になり本日最高潮の盛り上がりを見せていた。

 

そしてホントにホントに最後の演奏が終わり、拍手喝采で幕を閉じた。

 

 

こんな疲労感は夏ぶりだった。

しかしその疲労感は、冬で祭りロスだったワタシを喜ばせた。

 

若者のエネルギー桐生八木節の伝統浅草という土地柄がうまく混ざり合って最高に面白いことが起きていた。

冬にこんなに暑い熱い祭りに出会うとは。

 

この時ワタシは今年の夏、本場の桐生八木節まつりに行くことを決意した。

 

 

【桐生八木節まつり in 浅草】

今年の4月と7月にも開催予定 (要確認)

 

【桐生八木節まつり】

群馬県桐生市中心部

毎年8月第1金曜日〜日曜日

歴史の中で踊り走り回る!【白鳥おどり②】

踊り会場の一角に人だかりができていた。太鼓がいくつか並べられ、何やら文字がたくさん書かれた大きな幕が飾られている。

この日は、踊りの前に「郡上宝暦義民太鼓」が上演されるらしい。

 f:id:iro_sai:20160911193126j:image

 

郡上宝暦義民太鼓とは、江戸時代に起こった郡上藩宝暦騒動(郡上一揆)を題材とした太鼓演劇である。

 江戸時代、重税を課せられ苦しむ郡上の農民たちは、郡上金森藩に廃止するよう嘆願したが聞き入れられず、農民たちは団結し、死罪覚悟で江戸幕府に直訴する。その結果、農民同士の争いや、藩との争いが激化し、大混乱に陥る。

しかしそれをキッカケに、ついに訴願が受け入れられ、農民側が勝利。江戸の老中や幕府指導者が免職となり、郡上金森藩も取り潰しとなった。これにより農民たちの生活は良い方に向かっていくことになったのだ。

しかしその裏では厳しい裁きが下され、たくさんの義民たちの命が失われた。そんな自らの命を投げ打って人々の生活のために戦った義民たちの勇姿が今も語り継がれている。

 

文字がたくさん書いてある大きな幕というのは、「傘連判状」といって、この一揆に賛同する義民たちの名前が書かれたものだった。円形に書いてあるのは、誰が首謀者なのか分からなくするためで、これによりさらに結束が強くなったそうだ。

 

義民に扮した叩き手たちが奏でる太鼓の音色は、時に激しく、時に悲哀に満ちていた。

 

 f:id:iro_sai:20160911193335j:image 

 

最後に「源助さん」という曲が演奏され、義民たちは踊りながら徐々に一列になり、そのまま櫓のある方へと進んでいった。それに続いて、先ほどまで太鼓を見ていた観客たちも踊りながら列に加わる。

 

ここから白鳥おどりが始まるのだ。

ワタシはこの演出に鳥肌が立つほどの感動を覚えた。歴史の中にワタシも混ざっていく。その瞬間、言葉では言い表せないような喜びと、なんだか時空を超えてものすごく遠いところへ来てしまったような不思議な感じがした。

 そして、櫓のまわりに踊りの輪ができた。

 

さぁ、夜が明けるまで踊ろうではないか!

 

f:id:iro_sai:20160911193603j:image

 

白鳥おどりで踊られるのは8曲。(源助さん、シッチョイ、世栄、猫の子、神代、さのさ、八ツ坂、老坂)

 

シッチョイは、途中で「アーシッチョイシッチョイ」という合いの手を入れる。流れるように進む踊りが気持ちいい。

猫の子は、同じ名前の曲が郡上おどりにもあるが、踊りは少し違う。猫のような手つきをするところは一緒だ。(白鳥の猫は鳴かない)

老坂は、下駄を強く鳴らしながら踊る。ハマるとめちゃめちゃ楽しい。

難しいのは神代だ。他の曲に比べ、手数が多く、左右に忙しく行ったり来たりするので、間違えると危うく隣の人とぶつかってしまいそうになる。

 

観光客が増え、踊るのもやっとな郡上おどりに比べ、こちらは踊っている人のほとんどがおそらく地元の人々で、ローカルな雰囲気が漂っている。意外にも若者が多い。

子供の頃から近所でこんな素晴らしい踊りがあるなんて、本当に羨ましいと思った。(ワタシの地元にもあるけど!) 

 

そして、ウワサのあの曲。世栄がかかると、何処からともなく若者たちが集まり出してきた。みんな「やるかあ〜」と嬉しそうに気合いを入れている。

 

腕を上げたり下げたり、手をくるくる回したりするこの踊り。普通の速さだとそんなに難しい踊りではないのだが、なんせテンポがハンパないのだ。最初は、速いけど何とかついていけるという感じだったのだが、徐々にテンポアップしていき、最後には走りながら踊っていた。

音頭取りはラップのごとく次々と言葉を並べ、

合いの手は「Hey!Hey!ドコサ!!」と夏フェスに来たように拳を上げながら叫ぶ。

真ん中では若者たちが踊りながら走り抜けていく。

ワタシはあっという間にその濁流に呑み込まれてしまった。

 

こ、これはスゴイ、、、!! 

 

ウワサには聞いていだが、ここまで激しいとは。ついに白鳥おどりの真骨頂を見てしまった。

 

f:id:iro_sai:20160914002047j:image

 

夜が深まるにつれて人の数が増えていき、踊りの輪も大きくなっていく。ワタシはひと通り踊りを覚え、ランダムに演奏される曲に対応できるようになっていた。やはり、身体に踊りが馴染んだ瞬間は最高に気持ちがいい。

ウワサ通り、郡上おどりと比べると白鳥おどりは全体的にテンポが早い。若者が多い理由もそこにあるのかも。

 

踊りの輪から少し離れて休んでいると、目をつぶってずっと椅子に座っているおじいさんがいる。お囃子を聴いているのか、お祭りの空気を感じているのか、はたまた眠っているのか、ワタシには分からなかったが、その気持ちよさそうな表情に何だかとても安心した。

白鳥おどりはこの町にしっかりと馴染み、守られていた。

 

ついに、最後の曲が演奏される。世栄だ。

全員集合といった感じで、さっきまで休んでいた若者たちも続々と集まってきた。

これまでで一番の盛り上がりを見せていた。

人々は走り回り、叫び、ついには今まで保っていた輪が崩れ、別の場所にも踊りの輪ができていた。櫓の周りをとり囲むように人々が押し寄せ、各々が好きなように、本能のままに踊り狂っていた。

 

「なぜ、踊るのか?」

その答えはまだ出ていないけど、もはやその意味を追求することすらバカバカしく思えてきた。

踊りが終わってしまうのを惜しむ気持ちと、終わりがあるからここまで我を忘れて踊ることができる、という矛盾と戦いながらも、今はこの濁流に逆らうことなく飲み込まれようとワタシも必死に踊り続ける。

 

 

踊る。踊る。

 

 

 

朝の4時、ついに白鳥おどりは終わりを迎えた。大きな拍手と共に、脱力感と、さっきまで忘れていた腰の痛みが襲ってくる。

そしてそれ以上の、達成感と心地よさがワタシを包んだ。

 

 これで終わるのかと思いきや、まさかのアンコール。

 

ま、まだ踊り足りないというのか、、!!

白鳥の人々の踊りに対する熱は並大抵のものではなかった。

 

「さのさ」を踊り、本当に本当に終了。

最後は下駄を両手に持ち打ち鳴らすという、白鳥おどりならではの一本締めでしめくくられた。

 

「カラン!!!」

 白鳥の町に踊り子たちの下駄の音が響き渡った。

 

 f:id:iro_sai:20160913194726j:image

 

【白鳥おどり】

岐阜県郡上市白鳥町

7月中旬〜9月中旬 (徹夜おどり 8月13〜15日)

 

白山の入り口は徹夜おどりへと続く【白鳥おどり①】

岐阜県郡上八幡をさらに北上したところに白鳥(しろとり)という町がある。(長良川鉄道を利用する場合は美濃白鳥駅下車)

そこに『白鳥おどり』という徹夜で踊る盆踊りがある。その踊りはどうやら、郡上おどりよりもテンポが早く、激しいらしい。

 

これは行くしかないでしょう!!!

 

今回『徹夜盆踊りの旅 2016』と題して、前日には郡上おどりを徹夜で踊っていた。2日連続徹夜で踊るのは初めてだったので、ワタシにとっても未知の領域だ。前日の疲れを少々残しつつ、白鳥に向かう。

 

夕方、美濃白鳥駅に到着した。

 

人が、、、いない。

「あれ、今日盆踊りやるんだよ、、ね?」

少し不安になる。

こんなこと言ったら大変失礼なのだが、ここで徹夜おどりがあるとは思えないほどの、何もない田舎町だ。町を歩いてみても、駄菓子屋や履物屋、定食屋などが何件かある程度で、正直言って活気は、、あまりない。

ここで徹夜おどりがあるのか。

うーん、ますます興味が湧いてきた!!

 

 

郡上八幡と白鳥町は同じ郡上市ではあるが、町の成り立ちが全くちがう。郡上八幡は城下町として栄えてきた。古くから政治や商業の中心地であり、今も市役所や県の出先機関がここに置かれている。一方、白鳥町は白山信仰の地として栄えてきた。そう、ここは霊峰・白山への入り口なのである。その昔は修験者や参拝者などがたくさん往来していたそう。

 

実はワタシも、踊り会場に向かう前に長滝白山神社に参拝していた。この神社がまた素晴らしかった。参道に立ち並ぶ立派な木々達を見た瞬間に鳥肌がブアァっと立った。お盆真っ盛りにもかかわらずひんやりとしていて、気付けば神聖な空気に包まれていた。 

少し歩くと目の前に大きな拝殿が静かに佇んでいた。その泰然自若とした姿に圧倒される。

中央には立派な切子燈籠が飾られていて、毎年7月にこの場所で白鳥拝殿おどり発祥祭が行われるそう。この場所で人々がひしめき合いながら踊っているのを想像して、今度は是非その様子を目に焼き付けたいと思った。

 

f:id:iro_sai:20160904170826j:image

 

ひと通り参拝を済ますと、先ほどまで隠れていた太陽が雲の切れ間から顔を出した。拝殿とワタシに太陽の光が降り注ぐ。あまりに気持ち良くて、目をつぶって手を広げ、その暖かさと有り難さを身体中で感じた。なんかいい予感がする。

 

 

小さな商店街の真ん中に櫓が用意され、徐々に祭りの準備が始まっていた。「白鳥おどりは激しいらしい」という噂に少しビビって、郡上おどりの高下駄ではキツイかもと思い、町の履物屋さんで低めの下駄を購入。(地元のみなさんは高下駄で踊っていた!)

 

f:id:iro_sai:20160904170739j:image

 

浴衣に着替え、定食屋さんでカツ丼を喰らう。

徹夜おどりに勝つ!

(なにと戦っているのか、、)

 

準備は万端。

日も暮れいつの間にか人々が増えていて、町がようやく祭りらしい雰囲気に包まれた。

 

 f:id:iro_sai:20160904170916j:image

 

つづく。